1.基本的な視点

本計画の策定及び個別事業の実施にあたっては、本来、子育ては楽しいものであるという考えのもと、つぎの3つの視点を基本とします。
(1) 子どもの視点
子育て支援サービス等により影響を受けるのは、多くは子ども自身であることから、次世代育成支援対策の推進においては、子どもの幸せを第一に考え、子どもの利益が最大限に尊重されるように配慮し、子どもの視点に立った取り組みを進めていきます。
(2) 次代の親づくりの視点
子どもは次代の親になるとの認識のもとに、豊かな人間性を形成し、自立して家庭をもつことができるように、長期的な視野にたった子どもの健全育成のための取り組みが必要です。さらに、近年の核家族化等により、子育ての経験者である親からのアドバイスや、協力などが受けづらくなる中で、家庭で子どもを育て上げることへの意識が低下し、親に対する負担のみが大きくなっている状況にあることから、健康な親と家庭をつくるなど親づくりの視点に立った取り組みを進めていきます。
(3) 社会全体による支援の視点
子どもは地域の宝です。少子化の進展は地域経済への大きな影響を及ぼします。また、子どもも社会を構成する一員であることから、子どもを心身共に健やかに育むためには、家庭はもとより、地域、企業、行政をはじめとした社会全体が、それぞれの役割と資源を活用して、連携と協力をもって関わっていくことが必要です。
また、男女の固定的な役割分担意識を解消するとともに、すべての子どもや子育て家庭の支援にあたっては、質の高い、多様なサービスの提供が求められており、このような対応を確かなものとするためにも、社会全体で支援する視点に立った取り組みを進めていきます。

お問い合わせ

福祉保健課  社会福祉担当
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:121~123   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ