身に覚えのない債権の請求が来た

【質問】
自宅に突然、請求書・督促状といったはがきが来たが、全く身に覚えがない。 支払期限は迫っているし、電話連絡しないと自宅に回収に来ると書いてある。 どうしたらよいのだろうか?

【回答】
悪質な業者が、「法務大臣の許可した債権回収会社」の名前または類似の債権回収業者の名 前をかたって、「債権譲渡を受けた」などとして架空の債権を請求するケースについての相談・情報が寄せられています。
*このような請求を受けた場合は、次のとおりに対処しましょう。
1 身に覚えのないものは支払う必要はありません。
支払わない場合、 「勤務先に集金に行く。出張旅費もあわせて請求する。」 、「信用情報機関のブラックリストに登録するので、今後不利益となる。」 といった、脅しのような文句があったとしても慌てて支払わないようにしましょう。いったん支払うと、取り戻すことは困難になります。
また、支払ったことにより新たな請求を受けるケースも少なくないようです。 親族の誰かの債務であっても保証人等になっている場合でない限り、あなた宛には請求することができませんので、債務を負っているとされている親族本人に確認するようにして、不審に思った場合は取り合わないようにしましょう。

2 悪質な業者には一切連絡を取らないようにしましょう。
そのはがき等が債務を確認するためや支払い意思のないことを伝えるものであっても、こち らから連絡することによって電話番号等の個人情報を知られてしまう恐れあります。たとえ業者側から連絡があっても、名前、住所、電話番号、勤務先等の個人情報は絶対に知られない ようにしましょう。

3 請求が何度にもわたるなど、悪質な場合には、犯罪にあたる可能性も考えられますので、 最寄の警察署に相談しましょう。 相談のためにも、証拠となる請求の書類等は念のため保管しておいた方がよいでしょう。
* 法務大臣が許可した債権回収会社でなければ、債権管理回収業を営むことはできません。
【法務大臣の許可した債権回収会社一覧表】については、法務省ホームページで確認することができます。
たとえそのはがき等に「請求をしてきた会社の会社名」が合ったとしても、連絡先として「携帯電話の番号」が書かれていたり、振込先として「個人の口座」が指定されている場合には、本当の債権回収会社からの請求ではない可能性が高いと思われますので、法務省ホームページに掲載された債 権回収会社の正しい連絡先に問い合わせてみましょう。

お問い合わせ

生活環境課
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:133~134   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ