災害ハザードマップって何?

災害ハザードマップ(災害避難地図)とは
災害ハザードマップとは、河川がはん濫した場合や土砂災害が発生した場合に備えて、地域住民の方々がすばやく安全に避難していただき被害を最小限に抑えることを目的として、被害の想定される区域と被害の程度及び、避難施設等の情報を地図上に明示したものです。
浸水想定区域図は、雄物川の水位がはん濫危険水位を上回り堤防が決壊した場合のはん濫状況を表示したものです。支派川(分岐して流れる川)のはん濫、内水(河川に排水できない水)によるはん濫などは考慮していませんので、浸水想定区域に指定されていない所においても浸水が発生する場合があります。
土砂災害危険区域図は、土石流、地すべり及び、がけ崩れ危険箇所の総称で、土砂災害が発生した場合、被害を受ける可能性がある区域を表示したものです。土砂災害危険区域以外の箇所でも土砂災害の発生する場合がありますので、日頃から自宅周辺の斜面や渓流、避難施設等をよく確認しましょう。

お問い合わせ

生活環境課
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:133~134   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ