刈女木湿原(県自然環境保全地域)

刈女木湿原は田代明通山にあり、ここの湿原植物は昭和48年に発見されました。梨の木峠より沢づたいに四つの沼があり、典型的低層湿原で、湿原植物と山地性植物とが共生しているのが特徴です。
自生の植物群の種類64種、尾瀬と肩をならべるほどの学術的にも貴重な植物が自生し、上流二つの沼とその周辺は昭和51年3月に秋田県自然環境保全地域に指定されています。
早春には群生するザゼンソウの見事な花が咲き乱れ、続いてミツガシワの大群生が開花し、ミズギク、トキソウ、ミズチドリと次々に咲き、秋になるとサワギキョウやリンドウ、オオニガナさらに刈女木湿原で発見されたガリメキイヌノヒゲと初冬まで美しい花々が咲き誇り、自然の楽園になっています。

お問い合わせ

企画商工課  広報担当
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:223・224   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ