藍染め衣装

藍染め衣装

藍染め衣裳

踊り用に染められた「浴衣(ゆかた)」、「浴衣」の多くは、手絞り藍染めのもので、江戸後期、平鹿・浅舞地方で発達した「上絞り」の技と「藍染め」の術。中でも絵羽に柄付け構成された浴衣は、盛んであった西馬音内盆踊りの為に特別に注文されたと考えられます。江戸末期に製作されたものも数点現存し、その絞りの技術と洗練されたデザインが踊りを更に美しく映しています。また、型染めの踊り浴衣も意匠が面白く、その柄も個性豊かです。
浴衣の踊り手達は、「ひこさ頭巾」とよばれる黒い頭巾を用いる人が多く、かがり火に浮かび上がる黒い覆面姿は、亡者を連想させ、非現実的な妖しさを観る人々にあたえます。

 

お問い合わせ

企画商工課  観光担当
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:223~224   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ