踊りの種類について教えてください。

踊りには、「音頭」と「がんけ」の2種類があり、音頭は、優雅で静かな抑揚のある踊りで、その振りは、かつて北前船で京都・大阪と経済的に繋がっていたため、その影響があったと考えられています。がんけは、月光の夜を飛ぶ雁の姿を踊りから連想した「雁形」、仏教伝来の「勧化」、現世の悲運を悼み、来世の幸運を願う「願生化生の踊り」がつまって「願化踊り」と呼ばれたとの諸説があります。がんけの歌詞、節回しには哀調が漂い、本来娯楽の踊りでなかったことを物語っています。

お問い合わせ

企画商工課  観光担当
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:223~224   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ