婚姻届


1
.届出人

婚姻する夫および妻です。

 

2.届出先

届出人の本籍地、住所地または所在地の市区町村です。

 

3.届出時に必要なもの

日本人同士の場合(日本国内で婚姻する場合)

(1) 婚姻届書

20歳以上の証人2人が必要です。

・夫または妻が未成年である場合は父母の同意(同意書への署名)が必要です。

※証人欄に署名している場合は、同意書の添付は省略できます。

※養子になっている場合は、養親の同意のみで足ります。

※父母が離婚している場合でも、父母双方の同意が必要です。

()夫または妻の戸籍謄本

・本籍地以外で届け出する場合に必要です。

例)夫の本籍地:羽後町、妻の本籍地:A市、羽後町に婚姻届を提出

→夫:本籍地での届出のため戸籍謄本は不要、

妻:本籍地以外での届出のためA市から取得した戸籍謄本が必要

()夫婦それぞれの印章

・婚姻届に押印したものをご持参ください。

()届書持参者の本人確認書類

・運転免許証、個人番号カード、パスポートなど顔写真付きの公的身分証明書

 

日本人と外国人の場合(外国の方式で婚姻した場合は除く)

()婚姻届書

・証人、未成年の場合の父母の同意は上記と同様。

()日本人の戸籍謄本

・日本人の本籍地以外で届け出る場合のみ。

()日本人の方の印章

()届書持参者の本人確認書類

・運転免許証、個人番号カード、パスポートなど顔写真付きの公的身分証明書

()外国人の方についての添付書類

・婚姻要件具備証明書

・国籍証明書

・出生証明書

・各証明書の訳文

・旅券

・在留カード(日本に居住している方のみ) など

※国籍によって必要な書類が異なります。詳しくは町民課住民担当にお問い合わせください。

 

4.受付時間

開庁日の午前830分~午後515

※上記以外の時間帯(閉庁後や休日)での受け付けは、役場1階の宿直室で行っております。(入口のインターホンで当直の職員をお呼び下さい。)

※時間外に届け出る場合は、平日の開庁時に事前審査を受けてください。不備がある届出は受理できないことがあります。

 

5.婚姻届に伴う主な手続き

以下に該当する方は、それぞれの窓口で手続きが必要です。

 

○婚姻に伴い住所を変更する

町民課住民担当622111、内線112114)にて、住民票異動の手続きをしてください。⇒「異動届

※婚姻届では住所変更は行われません。

 

○運転免許証に氏名の変更を記載したい(羽後町民の方)

町民課住民担当622111、内線112114)にて、婚姻後の住民票を取得し、お近くの警察署や交番で手続きを行ってください。⇒「各種証明書の請求

 

○国民健康保険に加入しており、氏名変更や資格喪失がある、または新たに加入する

町民課医療給付担当622111、内線116118)にて、必要な手続きを行ってください。

 

6.外国で婚姻した場合の戸籍の手続き

日本人は、外国の方式で婚姻した場合も、婚姻届を提出する必要があります。

届出期間などさまざまな要件がありますので、詳しくは町民課住民担当622111、内線112114)にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

町民課  住民担当
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:112~114   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ