明治の時代

明治の時代
年号 西暦 事項
慶応4年 1868 4月 佐藤太三郎、柴田与之助、中島太治兵衛(山田)の3名が軍事御用金の蔵元を仰付られる。
柴田与之助が藩命により出府、庄内追討の御用金千両を上納。
前郷村の寄郷は院内に詰め、堀廻村の寄郷は、春は大沢に詰め、夏は田代に詰める
8月7日 仙台兵千人余が御陣屋を襲い郡方備米350石余を略奪。
8月8日 佐幕軍が嶋田新田村に宿営。
明治元年 1868 明治と改元一世一元の制を定める。
9月 18日杉宮吉祥院と田代妙音寺が兵火により焼失。
金札狂い等に付き、強訴のため山内村々より大勢繰出したが、親郷肝煎土田伊助、石垣耕作両人が取鎮めに努力す。
12月 出羽を羽前と羽後に分ける。
明治2年 1869 5月 藩籍奉還。佐竹義蕘が久保田藩知事となる。
御嶽山の石馬子が竣工・安置す。
6月 土田伊助が軍功により生涯二人扶持をたまわる。
凶作(平均五分作)。
明治3年 1870 諸藩の紙幣を発行停止。諸道の関所を廃止。 両部神道の禁止。 平民に苗字を許す。 杉宮吉祥院が廃寺。 梺御嶽山の両社が社名を改称(蔵王権現が御嶽神社、馬頭観音が駒形神社になる)。
2月5日 山内六ヶ村の百姓一揆(鵜巣船場を渡り角間川まで繰出す)担役渡辺敬吉の説諭により鎮撫。
明治4年 1871 戸籍法の発布。
廃藩置県で秋田県となる。
従来の肝煎を里正と改む。
(3月) 柴田与之助が藩知事の召命により出府、調達金3,500両を上納。
明治5年 1872 大小区制により雄勝郡は六大区となり、後に第十六、第十七大区と改む。
(2月) 人口調査、戸籍簿作製。大小区制により当地は第十七大区四小区となる。
(8月) 学制頒布。
明治6年 1873 (7月) 川西三親郷を第七大区五小区と改む(五小区事務所を前郷村に置く)。全郡長旭熙、五小区戸長に飯塚彦四郎・石垣耕作・長谷山荘助、副戸長に矢野左衛門・長谷山源吾・藤原宇之吉。
明治7年 1874 (2月) 西馬音内郵便局の開局。
(4月) 前郷村に西馬音内学校の開設(西馬音内字裏町宝泉寺本堂内)。
(8月) 山内六ヶ村が連合し、田代学校の開設(田代字麓伊東順益宅)。
明治8年 1875 柴田与之助等が湯沢製糸会社を設立。
西馬音内に警察分屯所を設置。
糠塚に地面測量伝習所を設置(西部伝習所)。
(7月)   杉宮学校の開設(同十四年杉宮小学校となる)。

 

明治9年 1876 地租改正につき測量実施、雄勝郡の掛長・茂木亀六、各村に総代を置く。
西馬音内前郷村を西馬音内村と改める。
二条道村を廃し、床舞村に合併。
上・下郡山の名称を廃し、郡山村と称す。
嶋田新田村の支郷鵜巣を新町村に合併。
明治10年 1877 (9月) 上・中・下の三仙道が合併し、仙道村となる(戸長・藤原宇之吉)。
(10月) コレラ流行、死者多数。
明治11年 1878 (7月) 郡区町村編成法成立。
県で腐米改良の試験地として郡山を選定。試験諸費(800円)を給し、生産米は等級を附し、高額で県が買上げ、試験は翌12年から施行。
明治12年 1879 (9月) 学制を廃し、教育令を制定。
大小区制の廃止。郡役所の設置。各村に戸長役場を設置。仙道組合村が変更し、上・下合併(戸長・藤原宇之吉) 中仙道(戸長・高橋金蔵) となる。
(11月) 警察分屯所は湯沢警察署西馬音内分署となる。
(12月) 足田学校の開設(高橋ベン宅)。
明治13年 1880 (5月) 元城学校を開設(教員一、補助一)。
(11月) 教育令改正。町村に学務委員(公選)を置く。
明治14年 1881 (9月) 明治天皇が東北地方を巡幸。
明治15年 1882 (4月) 元城学校は西馬音内小学校元城分校となる。
上仙道、下仙道に田代小学校巡回授業所を開設。
(11月) 西馬音内小学校が西馬音内字本町13番地の御陣屋を修理し、移転する。
軽井沢除野に田代小学校巡回授業所を開設(阿部太郎吉宅)。
上到米に田代小学校巡回授業所を開設(遠山順吉宅)。
明治16年 1883 徴兵令改正。
組合戸長役場を設置。糠塚は西馬音内に、嶋田新田・高尾田は新町に、郡山・足田・大久保は郡山に、堀廻・飯沢は堀廻となる。
(4月) 仙道村で戸長の公選。
明治17年 1884 秋田県地誌取調係へ各村が「村誌原稿」を提出。
(5月) 新町小学校の開設。
西馬音内小学校飯沢分室を開設(飯沢字院ヶ台鈴木善蔵宅小屋)。
組合村変更、足田・郡山・糠塚・高尾田・嶋田新田を以て足田村外四ケ村戸長役場と称す。
明治18年 1885 教育令の改正、学校委員の廃止。
西馬音内蚕糸業組合を結成(七ヶ村の養蚕家)。
元城分校が独立、飯沢分室を合せて、西馬音内堀廻尋常小学校と称す。
(旧暦4月) 25日、大雪七寸程降り農作物に被害。
明治19年 1886 (8月) 21日、大暴風で建物、立木に被害大。
田代・仙道・糠塚等にコレラ発生。
明治20年 1887 (2月) 西馬音内登記所の設置(役場内に置き、戸長登記事務を取扱う)。
(4月) 下仙道簡易小学校の開設(楢崎)。
明治21年 1888 (4月) 市制及び町村制の公布。
(8月) 所得調査委員の選定。
(9月) 飯沢村で郡長に「町村分合御免願」を提出。
(10月) 「町村区域之義ニ付請願書」を県知事へ提出。
雄勝郡連合八十三ヶ町村会議員の選挙(柴田与之助氏が当選)。
明治22年 1889 (2月) 大日本帝国憲法発布。
秋田魁新報第一号の発刊。
(4月) 村々合併。
西馬音内・田沢・鹿内・大戸・床舞の五ヶ村が合併して西馬音内村。杉宮・貝沢・赤袴・大久保・野中の五ヶ村が合併して三輪村。足田・郡山・嶋田新田・高尾田・糠塚の五ヶ村が合併して新成村。新町・堀内・払体・林崎・水沢・大沢の六ヶ村が合併して明治村。西馬音内堀廻・飯沢の両村が合併して元西馬音内村。田代・上到来・軽井沢の三ヶ村が合併して田代村。上仙道・中仙道・下仙道の三ヶ村が合併して仙道村。
(9月) 地租代の米納を廃止。
明治23年 1890 (7月) 第一回衆議院議員選挙。
(10月) 教育勅語発布。
(11月) 第一回帝国議会開会。
明治24年 1891 (1月) 元西馬音内林「官林引直願」を知事へ提出。
(4月) 郡制施行。
明治25年 1892 (5月) 西馬音内小学校(西馬音内尋常高等小学校)が校舎新築し、移転する。
明治26年 1893 (11月) 田代郵便局が開局。
明治27年 1894 (7月) 西馬音内に消防組結成。
(8月) 日清戦争が始まる。
25日、大洪水。元西、流失家屋43、流死人22、両陛下より小屋掛料、御見舞金をたまわる。新成村の大半が浸水、田畑六町七反荒地となる。
明治28年 1895 (7月) 清国と講和条約調印。日清戦争戦没者10名(西馬音内2、三輪1、新成1、元西2、田代3、仙道1)。
(11月) 石川理紀之助等が秋田県農会を設立。
明治29年 1896 (3月) 秋田県教育会の設立。
(7月)  飯沢川用水に関し、堀回・西馬音内・大戸・足田・糠塚・杉宮の六地区が契約書を取り交わす。
(旧暦7月) 23日、大地震。
明治30年 1897 (5月) 西馬音内に柴田・飯塚機業合名会社設立。
(7月) 西馬音内村は町となる。
この年凶作(洪水・虫害)。
明治31年 1898 役場より「正月なし」の触れ出し。
(5月) 新成小学校の新築落成(足田・郡山・高尾田の三校舎が合併)。
明治32年 1899 (4月) 秋田県立図書館の開館。
(5月) 西馬音内で佐藤信淵翁五十年祭を盛大に行う。
土館・郡山間の新道が開通。
凶作(長雨・大雨・洪水)。
明治33年 1900 (1月) 耕地整理法施行。
(5月) 清国に出兵(北清事変)。
(10月) 仙道小学校の新築落成。
明治34年 1901 (8・9月) 赤痢発生、飯沢・仙道・明治に隔離病舎を開設。
明治35年 1902 (4月) 飯沢分教室が独立し、飯沢小学校となる。
(5月) 田代小学校の新校舎落成移転。
(6月) 杉宮・大久保・貝沢の三校が合併し、三輪小学校となる。
暴風で西馬音内堂庭の社堂が倒壊。
明治36年 1903 (2月) 上仙道分教室が独立し、上仙道小学校となる。
西馬音内町立書籍従覧所開設。
新成村の福田野に隔離病舎を新築。
(4月) 小学校国定教科書の使用開始。
(12月) 三輪小学校の新築落成。
明治37年 1904 (2月) 日露戦争が始まる。
(8月) 元西馬音内小学校の新築落成。
(11月) 国民兵を召集。
煙草の専売を実施。
日露戦争戦没者33名(西馬音内2、三輪1、新成7、明治3、元西7、田代8、仙道5)。
明治38年 1905 (6月) 塩の専売を実施。
(9月) 日露講和条約締結。
奥羽本線が全線開通。
明治39年 1906 足田道(西馬音内・新成間) が完成。
明治40年 1907 恐慌、各地の銀行が支払停止。
(2月) 湯沢銀行(現在の秋田銀行)西馬音内支店が開業。
軽井沢小学校の開設。
この頃より馬耕が行われる。
明治41年 1908 新成福田野を開墾。
明治42年 1909 (4月) 種痘法の公布。
明通小学校の開設。
(10月) 明通小学校の新築落成。
西馬音内・湯沢間に駅馬車が営業。
明治43年 1910 (1月) 一町村一社を目的に神社の合併を勧奨。
(3月) 地租条令の改正。
(4月) 米穀検査規則の施行。
(6月) 3日、西蔵寺が落雷により焼失。
帝国在郷軍人会・帝国農会が創立。
明治44年 1911 (7月) 明治小学校の新築落成。
(8月) 赤痢流行。
凶作(稲熱病)。新成村の例(皆無19%、九割減13%、八割減15%、七割減19%、六割減7%、五割減10%)。南京米が一升・17銭。不景気のため北海道へ出稼者多数。
(11月) 飯沢小学校の新築落成。
(12月) 改正市町村制の公布。
明治45年 1912 (7月) 明治天皇崩御。

お問い合わせ

企画商工課  広報担当
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:223・224   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ