介護サービスを利用するには(介護認定)

介護サービスを利用するには介護認定の手続きが必要となります。
申請から介護サービス利用までの流れは以下のとおりです。

1、申請
・申請は原則として、本人(65歳以上の方)、またはその家族が
 羽後町役場福祉保健課、五輪坂ケアセンター、高瀬ケアセンターの窓口で行います。
 (居宅介護支援事業者、地域包括支援センター等が手続きを代行することもできます。)

 ※40~64歳の方については、若年性認知症、脳血管疾患など、老化が原因とされる病気により、
 要介護・要支援状態となった方に限り申請できます。

・必要なもの
 ・介護保険被保険者証(紛失した場合は本人の住所、生年月日等がわかるもの)
 ・医療機関名及び主治医の情報(申請書に記載するところがあります)
 ・マイナンバーカードorマイナンバー通知カード
 ・申請者の本人確認ができるもの

※申請書は窓口の他、こちらからダウンロードすることもできます
 介護保険 要介護・要支援認定申請書

2、調査
・認定調査:町職員等が自宅などを訪問し、心身の状態などについて本人や家族などから聞き取り調査を行います。
・主治医意見書:主治医に現在の心身の状態などについて意見書を作成してもらいます。作成依頼は町で行います。

3、審査・判定
認定調査、主治医意見書をもとに、介護認定審査会で審査・判定されます。

4、認定
「非該当(自立)」、「要支援1~2」、「要介護1~5」の区分に分けて認定され、
新しい被保険者証が交付されます。

◎要支援1~2、要介護1~5と判定された方
介護保険(予防)のサービスを利用できます。
 

◎非該当と判定された方
介護保険制度を利用してのサービスは利用できません。

 

5、介護サービス計画(ケアプラン)の作成
実際に在宅介護(予防)サービスを利用するには、本人の
希望や状態に応じたケアプランを作成してもらう必要があります。
・要支援→羽後町地域包括支援センターの職員
・要介護→居宅介護支援事業所のケアマネージャー

 居宅事業所一覧


※計画作成依頼届出書は認定結果通知の中に同封致します。
また、各事業所等にあるほか、こちらからダウンロードできます。
サービス計画作成依頼(変更)届出書(2部作成)
エクセル様式ワード様式

5、介護予防事業の参加
町が行う介護予防事業に参加することができます。
詳しくは羽後町地域包括支援センター又は羽後町役場福祉保健課高齢者担当まで問い合わせください。

 






 

 

6、介護サービスの利用
介護サービスの内容についての相談は担当ケアマネージャー又は羽後町地域包括支援センター、羽後町役場福祉保健課高齢者福祉担当へ相談ください。

 

 

お問い合わせ

福祉保健課  高齢者福祉担当
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:124~125   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ