令和2年度認定こども園等新規入所申込の受付について

認定こども園等の新規入所申し込みを11月15日から開始します

 
 
 新しく入園を希望される方、勤務地等の関係で町外の保育所等を希望される方、出産や育児休暇等で年度途中の入園を予定している方は申し込みください。 
  • 認定制度について
    認定こども園等の利用を希望する場合は、保育の必要性の有無や必要量等の認定(「教育・保育給付認定」)を受るための申請が必要です。認定こども園等の入所申し込みと一緒に認定申請をしていただくようお願いします。申請に基づいて、町から「教育・保育給付認定証」が交付されます。
     
  • 教育・保育給付認定の種類 
    認定区分は、子どもの年齢と保育の必要性の有無に応じて3つに分かれます。
    区分 子どもの年齢 保育の必要性 利用可能施設 利用時間
    1号認定 満3歳以上 なし 幼稚園、認定こども園 教育標準時間(※1)
    2号認定
    (保育認定)
    満3歳以上 あり
    (保護者の就労など)
    保育所、認定こども園 保育標準時間(※2)
    保育短時間(※3)
    3号認定
    (保育認定)
    満3歳未満 保育所、認定こども園 保育標準時間(※2)
    保育短時間(※3)
    ※1 教育標準時間…1日4時間の幼児教育 
    ※2 保育標準時間…最大11時間の保育(フルタイム就労を想定) 
    ※3 保育短時間…最大8時間の保育(パートタイム就労を想定)
 
  • 「保育の必要性」の認定基準 

    保育の必要性の認定は、保護者が次のいずれかの事情にある場合です。

    1 就労 
       (家庭外労働)居宅外で労働することを常態としている
       (家庭内労働) 居宅内で児童と離れて日常の家事以外の労働をすることを常態としている
    2 妊娠中であるか、又は出産後間もない
    3 疾病、負傷、心身に障害を有している
    4 長期にわたり疾病の状態にある、または心身に障害を有する同居の親族を常時介護している
    5 火災、風水害、地震などで家屋を失ったり破損したため、その復旧にあたっている
    6 求職活動(起業準備を含む)を行っている
    7 就学(職業訓練校等における職業訓練を含む)している
    8 虐待やDV等のおそれがある
    9 育児休暇取得時に、既に保育所を利用している子どもがいて継続利用が必要である
    10 その他、町長が認める上記に類する状態にあること 
     

  • 受付期間    令和元年11月15日(金)~令和元年12月13日(金) 
     

   〈申請用紙は、福祉保健課にあります。また、下記より印刷の上申請していただけます。〉

              1.申込書

              2.家庭状況調査票

              3.就労証明書  〈就労証明書記入要領

              4.求職活動に関する申立書

              5.すこやか子育て支援事業保育料等助成申請書

 

  • 提出先    役場福祉保健課 
     

       

 ※なお、すでに入所されているお子さんについては、各保育所を通して継続手続きを行います。

              詳しい保育所情報はこちら

 

 

 

お問い合わせ

福祉保健課  社会福祉担当
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:121~123 140 141   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ