マイナンバーカードの電子証明書(公的個人認証サービス)


 マイナンバーカード(個人番号カード)には、電子証明書(公的個人認証サービス)が搭載されます()

電子証明書(公的個人認証サービス)とは、オンラインでの各種手続きやインターネットサイトへのログインを行う際に、他人による「なりすまし」やデータの改ざんを防ぐために用いられる本人確認の手段です。

電子証明書には「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」の2種類があります。

 

 ※搭載を「希望しない」場合は発行されません。(カード申請時)

 また「署名用電子証明書」は、15歳未満の方や成年被後見人の方には発行されません。

 

 
署名用電子証明書
利用者証明用電子証明書
 
用 途
 インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用(例:e‐Taxの電子申請)
 
 インターネットサイトやコンビニ等のキオスク端末等へのログインに利用(例:マイナポータルへのログイン、証明書のコンビニ交付)
 
内 容
 「作成・送信された電子文書が、利用者が 作成・送信した真正なものである」ことを証明する。
 「ログインした者が、利用者本人である」ことを証明する。
暗 証
番 号
6~16桁の英数字
4桁の数字
有 効期 間
 発効日から5回目の誕生日まで
 ※詳細は下記
同  左
更 新
 有効期間満了日の3カ月前から可能
 ※更新後の有効期間は6回目の誕生日まで
同  左
 

 

電子証明書の発行手数料・有効期限・諸注意

 

○初回交付時の発行手数料は無料です。

・更新や期限切れによる再発行、またカードの発行を受けた後での追加発行には、1回につき200円の手数料が掛かります。(署名用、利用者証明用の2つ同時でもいずれか1つだけでも200円です。)

・カード紛失に伴う再発行の場合は、カード自体の再発行の手数料(800円)とあわせて、1人につき1,000円掛かります。

 

 

○有効期間は、基本的に発効日から5回目の誕生日までです。

・カード表面の「電子証明書の有効期限欄」に記載してあります。

・「署名用電子証明書」は、氏名(通称)・住所・生年月日・性別に変更があった場合は自動的に失効します。

・外国人の方については、在留の資格や在留期間によって変動します。

 

 

○パスワードの初期化・変更は担当窓口にて行えます。

・カードを必ずお持ちください。

・パスワードを失念した場合、初期化したのちに再設定を行います。(手数料は掛かりません。)

   担当窓口:町民課住民担当

   受付:開庁日の8301715

   電話:622111(内線112114

 

 

 

 

お問い合わせ

町民課  住民担当
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:112~114   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ