アメシロから大事な樹木を守りましょう

 アメシロ駆除 

 ☆アメシロとは?
 アメシロは正式には「アメリカシロヒトリ」といい、一本の木を食い尽くし、次から次へと他の木に移っていきます。
☆被害の多い木
 カキ、サクラ、ウメ、プラタナス、ヤナギ、ハナミズキ、アンズ、クルミなど

幼虫の発生時期と生態

☆アメシロの発生時期は年二回あります。第1化期が6月上旬~7月中旬、第2化期が8月上旬~9月中旬が山場
とされています。(気象状況等により発生時期がずれることがあります。)

防除のポイント

●発見方法
 ・ふ化した幼虫は、糸をはいて白い網状の巣網をつくり。一定期間(10日~12日間)、葉に群生します。
  葉脈を残して葉の表面を食べるため、その葉は透けて見えます。
●駆除方法
 ・巣網を高枝切りハサミ等で枝葉を切り取り、幼虫をふみつぶすことが一番効果的です。
 ・個人所有地については、所有者が責任を持って防除してください。
 ・集落等で薬剤を使用して駆除する場合には、町の助成制度があります。

町の助成制度

 ☆集落で一斉防除した場合には、第一世代につき12,500円(1回につき)の補助金を交付します。
  詳しい内容については生活環境課へ問合せください。

提出書類

 1)アメシロ防除対策事業補助金交付申請書兼実績報告書<PDF版> 
 2)振込口座連絡票<PDF版>
 3)補助金交付請求書<PDF版>
    補助金交付要綱<PDF>

お問い合わせ

生活環境課
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:131~132   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ