第1回こどものまち「しごとーいうご」(大盛況裏に終了!)

\第1回こどものまち「しごとーいうご」/
2018728日(土)12001600 羽後町活性化センター
おかげさまで、大盛況裏に終了いたしました!
 

こどものまちの妖精“おとにゃん”になって、秋田のすなおでかわいい子どもたちの成長を見守りませんか?

中学生から社会人まで、いろんな方々と交流することで「働くこと」や「しごと」について楽しみながら考えます!

  ロゴ

みんなではたらくをかんがえる

 PTロゴ羽後町人口減少対策プロジェクトチーム 

チラシ(  /  )

ガイドブック

ガイドブック

おとにゃん必携

必携

 

●”しごとーいうご”とは?

 しごとーいうごは、秋田県内で続けられている「こどものまちしごとーーいあきた」からノウハウを受け継ぎ、羽後町が独自に取り組む小学生の職業体験イベントです。全国各地で行われている「こどものまち」。発祥はドイツのミュンヘン地方で行われる「ミニミュンヘン」という子ども向けのキャリア教育といわれています。

●目的は?

 しごとーいうごに参加することによって、小学生はもちろん、中高生ボランティア、大学生・一般ボランティアの方々、実行委員の皆様にも、「働くこと」や「しごと」について、”とい(問い)”を”遊び(Toy)”を通じて学んでほしいという目的があります。

●ほかの”こどものまち”との違いは?

 羽後町では、楽しいことはもちろん、社会(しごと)に対する”問い”を持っていただく事にとことん、こだわります。問いの答えは人それぞれで、正解はありませんが、禅問答のように”問い”続けることは、必ず将来の職業観形成や多様な価値観の獲得など、社会で必要なスキルにつながると信じています。そのため、実際の企業ブース、羽後高校生が企画・運営するブース、羽後町らしさを感じるブース、未来のおしごとブースなど、多彩なブースを出展しております。

●イベントの様子は?

 では、昨年の様子を”おとにゃん”になって、のぞいてみましょう!

かいだん たくさんのおともだちが入国まえにせつめいをきいているよ!

入国には審査(しんさ)があるよ!げんきにあいさつできるかな?入国

しょぶおう入国したら、おしごとを楽しもう!あ

しゃしんけいさついろんなおしごとがあるよー

はたらいたら、おきゅうりょうを銀行(ぎんこう)でもらおう!銀行

税金税金(ぜいきん)をはらうと、まちが広がるよ!楽しみだねー

こまっているおとにゃんがいたら助けよう!何かもらえるかも。はてにゃん

かいもの\お買いものもできるよ!/だがし

アーチ

 アーチをくぐってさようなら!かえったらお父さんやお母さんとお話ししよう!「楽しかった?」「どんなおしごとした?」「ぜいきんってなに?」「おとうさんのおしごとってなにやってるの?」たくさん、きいてみよう!

(7がつ28にちにうごまちでまってるよ!)

≪今年度設置ブース≫()内は担当企業等

(1)入出国審査、(2)銀行、(3)税務署
(4)消防署、(5)警察署、(6)病院、
(7)おかしやさん(木村屋)
(8)絵はがき工房(道の駅手作り部会)
(9)トレーナー(いきいき湯沢)
(10)かいごそうだんしひまわり苑)
(11)スムージーやさん株おも・しぇ)
(12)かわ職人(コーリヤマ)
(13)プリントさん(秋田エプソン)
(14)建設やさん(羽後町建設業協会)
(15)キッズバー(ダイニングバー プラスワン)
(16)おはなやさんやり花屋)
(17)うごまちチャンネル(みらいの編集室
(18)プログラム屋さん(CoderDojo秋田・CoderDojo増田
(19)プロゲーマー(羽後高校)
(20)探偵所(羽後高校)
(21)ペットショップ(羽後高校)
(22)電磁砲(羽後高校)
(23)うごの農家
(24)子どもマーケット
 
保護者・ボランティアの方向けに写真・動画を共有しております。前日メールにてURLを共有しておりますが、届いていない方は下記へご連絡ください!    
 
お問合せ⇒PTugotownproject@gmail.com
*下記のHPお問合せ先ではなく、↑のアドレスへ問合せください。

 

お問い合わせ

企画商工課  企画調整担当
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:221~222・225   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ