西馬音内盆踊りと羽後町

西馬音内盆踊り

「西馬音内盆踊り」は、古くから受け継がれてきた伝統行事です。先祖の霊を慰めるとともに豊年万作を願う地域住民のかけがえのない年中行事として続いてきました。全国に名の通った伝統行事の中では観光イベント的な要素が少ないため、地元の人々はお越しいただいたみなさまをもてなすことがあまり上手ではありません。
特に近年は、マスコミ等の影響により、小さな町のこの行事に、予想をはるかに超えるお客様をお迎えすることで混雑を極め、満足に「西馬音内盆踊り」を行うことも、ご覧いただくことも出来ない状況になってまいりました。

しかし、このような状況においても、私たち「西馬音内盆踊り」に携わるものとしては、何とか全国各地からおいでくださるみなさまに「西馬音内盆踊り」を楽しんでいただきたいと考えており、そのためには観光客のみなさまのご理解とご協力が不可欠です。

「西馬音内盆踊り」についての問い合わせが多い質問をまとめました。「西馬音内盆踊り」にお出掛けいただくまえにご一読いただき、「西馬音内盆踊り」に対するご理解を深めていただければ幸いです。

西馬音内盆踊り

雨でもおこなわれます。
小雨程度ですと通常どおり本町通りで行いますが、豪雨の場合屋内に会場が変更になります。また、本町通りで行っていても豪雨になり天候の回復が見込めない時は、中止になります。

「西馬音内盆踊り」は幻想的な雰囲気をとても大切にします。
「西馬音内盆踊り」の踊り手、お囃子が、自ら盆踊りに陶酔した時が、一番輝いて見えるときです。ですから一番よい「西馬音内盆踊り」を楽しむには、乱暴なフラッシュ撮影、唄や演奏、踊りを乱す大声はもちろん、踊りの輪の中の通行せず、「西馬音内盆踊り」にふさわしい雰囲気をみんなで作り出すようご協力ください。

会場は東西に300mしかありません
「西馬音内盆踊り」の会場となる本町通りは東西に300m(2車線の道路)しかなく、会場入口に殺到し身動きが大変困難な状況となりますので会場への行き帰りは地図をよくご確認のうえ裏道、抜け道をご利用ください。また、会場内は大変混み合いますので、ごゆっくり鑑賞されたいかたは、桟敷枡席、桟敷席、簡易指定席、特設会場座席券をお求めください。

羽後町は農業立町です。
羽後町は観光地ではないため、お手洗いや休憩所、飲食店、宿泊施設もそんなに多くはありません。ですから、混雑を念頭に置き、行動しやすい服装や荷物で時間にも十分な余裕を持っておいでください。また、お手洗いや食事などは事前に済まされることをお勧めします。

きれいな町に
羽後町に住む私たちは、クリーンアップに取り組みきれいな町づくりをしています。ですから、ゴミや空き缶の投げ捨ては絶対にしないでください。また、ゴミや空き缶は持ち帰るようご協力をお願いします。

「西馬音内盆踊り」を後世につたえていくために
盆踊り期間中の午後7時~9時頃までは西馬音内盆踊保存会等の指導を受けた子どもたちが中心に踊りを披露し、その保護者が踊りの輪の外を付き添いをしていることもあります。子どもたちが未来の「西馬音内盆踊り」を担うための練習の場ですので、みなさんのご理解とご協力をお願いします。

お問い合わせ

企画商工課  観光担当
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:223~224   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ