新型コロナウイルス感染症に関する個人向け支援策について

 国・県・町で行っている個人向け支援策です。ご確認ください。

ひとり親世帯臨時特別給付金のご案内

 新型コロナウイルス感染症の影響により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯を対象に、ひとり親世帯臨時特別給付金を支給します。今回の給付金は、「基本給付」と「追加給付」の2種類あります。

 1.基本給付について

〇児童扶養手当を受給しているひとり親世帯等の方への給付。

対象者・・・以下、1~3のいずれかに該当する方。

1.令和2年6月分の児童扶養手当が支給されている方。
2.公的年金等を受給しており、令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全額停止されている方。(既に児童扶養手当受給資格者としての認定を受けている方だけでなく、児童扶養手当の申請をしていれば令和2年6月分の児童扶養手当の支給が全部又は一部停止されたと推測される方も対象となります。)
3.新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方。
※収入の減少額や減少割合に一律の基準はありません。
※内定が取り消された、求職活動に影響があったなど、新型コロナウイルス感染症の影響が無ければ得られていたはずの収入が得られなかった場合も対象となります。

給付額・・・1世帯5万円、第2子以降1人につき3万円。

 2.追加給付について

〇新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少している方への給付。

対象者・・・基本給付対象者の1または2に該当する方のうち、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、収入が減少した方。

※収入の減少額や減少割合に一律の基準はありません。
※内定が取り消された、求職活動に影響があったなど、新型コロナウイルス感染症の影響が無ければ得られていたはずの収入が得られなかった場合も対象となります。

給付額・・・1世帯5万円。

 3.給付金の支給手続きについて

1に該当する方 ・基本給付:申請不要です。
・追加給付:申請が必要です。追加給付申請書を提出してください。
2に該当する方 ・基本給付・追加給付ともに申請が必要です。申請書、簡易な収入見込額の申立書、本人確認書類写し、通帳写し、課税証明書、年金額改定通知書等を添えて申請してください。
3に該当する方 ・基本給付:申請が必要です。申請書、簡易な収入見込額の申立書、本人確認書類写し、通帳写し、令和2年2月以降の任意の1か月の給与明細書を添えて申請してください。

・ひとり親世帯給付金について〈家計急変用〉
・ひとり親世帯給付金について
〈追加給付用〉

申請期間:令和2年8月3日(月)~令和3年2月26日(金)

問合せ:福祉保健課社会福祉担当(電話62‐2111、内線122) 

税制上の措置

 新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方向けの納税の猶予等についての情報です。

・県税の対応(納税猶予等)について
・町税等の納付が困難な方への対応について
・徴収猶予に関するリーフレット

社会福祉協議会の生活福祉資金(特例貸付)

 新型コロナウイルス感染症の影響により収入減少があった世帯の資金需要に対応するための、生活福祉資金の特例貸付制度についての情報です。

・社会福祉協議会の生活福祉資金(特例貸付)について

離職者生活安定支援資金融資制度

事業主の都合により離職した方の生活安定、円滑な再就職を支援するため、低利な融資制度の情報です。

・離職者生活安定支援資金融資制度について

お問い合わせ

サイト管理者

TEL:000-000-0000  メールでのお問い合わせ