9月10日~16日は「自殺予防週間」です

910日~16日は「自殺予防週間」です

 

自殺は、さまざまな要因が複雑に関係して、「その多くが追い込まれた末の死」であり、「その多くが防ぐことができる社会的な問題」であると言われています。自殺対策基本法では、9月10日から9月16日までを「自殺予防週間」と定め、国、地方公共団体、関係団体等が連携して「誰も自殺に追い込まれることのない社会」の実現に向けて、相談事業及び啓発活動を実施しています。

 

厚生労働省「令和2年度の取り組みについて」

まもろうよこころ(電話相談やSNS相談の窓口などを紹介しています。)

 

 

こころの病気は、誰でもかかりうる病気です

生涯を通じて5人に1人がこころの病気にかかるともいわれています。こころの病気は特別な人がかかるものではなく、誰でもかかる可能性のある病気です。自分自身のストレスサインに気づき、早めのセルフケアをしましょう。また、身近な方の悩みに気づいたら、悩みに耳を傾けたり、専門家への相談をすすめたりしながら、あたたかく寄り添いましょう。

 

●からだのストレスサイン

疲労、全身倦怠感 「体がだるい、重い、疲れがとれない」

動悸・めまい 「心臓がどきどきする、息苦しい、めまいがする」

頭痛 「頭が痛い、ずっしり重く感じる、ズキズキ痛む」

不眠 「寝つけない、何度も目が覚める」

食欲不振 「おいしく食べられない、何も食べたくない」

 

●こころのストレスサイン

憂鬱(ゆううつ) 「気持ちがしずむ、楽しいことがない」

不安緊張 「気持ちが落ち着かない、どきどきして心細い」

怒り 「イライラする、怒りっぽくなる」

幻聴 「誰もいないのに声が聞こえる」

 

●生活や行動のストレスサイン

生活の乱れ 「服装の乱れ、昼夜逆転している、生活が不規則」

行動の変化 「ミスが増える、ぼんやりしている、遅刻が増える」

自傷行為 「リストカットや髪の毛を抜くなど、自分を傷つける」

ひきこもり 「外出したくない、人に会いたくない」

 

 

1人で悩まず、誰かに話してみませんか?

●こころの健康相談統一ダイヤル

  電話 0570-064-556

  ※電話をかけた所在地の都道府県・政令指定都市が実施している「こころの健康相談電話」等の公的な相談機関につながります。

●ふきのとうホットライン

秋田県心の健康相談窓口一覧

●羽後町こころの電話相談

  電話 0183-62-0055(平日8301700

●羽後町こころの健康相談会

  こころの悩みや不安を持つ方のご相談を臨床心理士が個別にお受けします。(要予約)

  ※日程等につきましては広報や「心と体の健康づくりカレンダー」をご確認ください。

●コーヒーサロン「はぁ~もにぃ」

   研修を受けた傾聴ボランティアがコーヒーやお茶を用意してお待ちしています。

   ほっとしたい時、誰かと話したい時、気軽にお立ち寄りください。

   ・毎週金曜日(都合により、開催中止となる場合もございます。ご了承ください。)

   ・羽後町多目的研修集会施設(活性化センター)1階

お問い合わせ

福祉保健課  健康管理担当
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:128~129   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ