11月18日に 羽後町一斉シェイクアウト訓練 を開催します

  羽後町では、近年頻発する災害に備えて、各種災害を想定した「羽後町防災訓練」を毎年行っており、令和4年度は11月18日(金)に羽後町一斉シェイクアウト訓練(大地震を想定した安全確保訓練)を行う予定です。

 どこでも、だれでも、密を避けて、気軽に参加できる訓練です。

 シェイクアウト訓練とは、訓練日時に、開始の合図 (防災行政無線、訓練音源等) により、参加者が各家庭や事業所等、その時いる場所で身を守る行動をとり、いざという時の行動を確認するなどして、短時間で行う住民参加型の一斉防災訓練です。

 1分間の訓練を通して、いつ来るかわからない災害への備えを今一度考えてみませんか。ぜひ参加登録と訓練への参加をお願いします。

  実施要領 

  

実施日時・場所

 日時 … 令和4年11月18日(金)午前11時から

  ※ ご都合に合わせて11月7日(月)~25日(金)の間で実施日時を自由に変更することができます

 場所 … それぞれのご家庭、勤務先、学校など

  ※ シェイクアウト訓練は決まった場所に集まることなく、それぞれの場所で実施する訓練です。 

 

訓練の流れ

 

(訓練の前に)事前登録、事前学習

 訓練にご参加いただける方は、事前に参加登録(無料)をお願いします。参加登録をしていただくことで、訓練のイメージを持つことができ、効果的な訓練となります。登録はページ下部の「参加登録」からお願いします。

 

 登録後は訓練参加に向け、下記のリンクも参考に、災害について学習するなど、準備をしましょう。

 ○ 防災知識の学習ページ(日本気象協会 tenki.jp/外部リンク)

 ○ 羽後町ハザードマップ・避難場所一覧

 ○ 避難所での新型コロナウイルス感染症対策について

 

(訓練当日)シェイクアウト訓練

 訓練日時に開始の合図(防災無線・訓練音源など)により、その場で「まず低く、頭を守り、動かない」ことを意識し、身を守る行動をとりましょう。

  DROP! COVER! HOLD ON!

  1. まず低く(DROP!)…強い揺れから身を守るために、まず体勢を低くして、地面に近づきましょう。
  2. 頭を守り(COVER!)…机やテーブルの脚をしっかりと掴み、揺れが収まるまで動かずにじっとしていましょう(約1分間)。
  3. 動かない(HOLD ON!)…安定した机やテーブルの下に入り、頭を守りましょう。机などがない場合は、腕や荷物を使って頭を守り、落下物や倒壊のおそれのない場所で安全を確保しましょう。

 

 11月18日は、午前11時に防災無線で地震が発生した想定の訓練放送を流します。放送も活用して、身を守る行動をとりましょう。

【訓練開始の合図】

 ・防災行政無線(11月18日(金)午前11時 の1回のみ)

   ※ 防災無線が聞こえにくい場所では、時間に合わせて身を守る行動を自主的にとってください。

 ・Yahoo!防災アプリ、Yahoo! JAPANアプリでのプッシュ通知

   ※ 事前のインストール(無料)が必要です。防災アプリのインストールはこちらをクリックしてください

 ・各施設等の放送設備による訓練音源の放送

   シェイクアウト訓練音源 (MP3)

   ※ 音源は上記をダウンロードしてお使いください。

   ※ 音源は改変や訓練目的以外の使用はしないでください。

   ※ CDでの提供を希望する場合は、ページ最下部記載の役場担当までご連絡ください。

 

(訓練の後は)シェイクアウトの振り返り

 訓練での身を守る行動を各自で振り返り、各家庭や事業所での防災対策に活かしましょう。

 

(訓練とともに)プラスワン訓練(※ 任意)

 より実践的な訓練となるよう、追加で訓練や点検を行い、身の回りの防災体制を整えましょう。

 (例1)非常用機器の点検・操作練習

 発電機など、災害時にも役立つ非常用機器の点検や操作練習を行いましょう。

 (例2)暖房器具の点検

 本格的な冬を迎える前に、暖房器具が正常に動くかを確かめましょう。いざという時のために、物置にしまっている器具も動くのかどうかを確認してみるとよいでしょう。

 (例3)避難訓練

 指定避難場所など、近くの安全な場所へ実際に行ってみて、「どのくらいの時間がかかるのか」「途中に危険な場所はないか」などを確認しておきましょう。避難先の確認、近所の危険箇所の確認だけでも、実施しておくことで有事の行動に役立ちます。

 (例4)初期消火訓練

 バケツや消火器を使って、火災に対する初期消火の訓練を行いましょう。消火器の有効期限などをこの機会に確かめることも大切です。

 (例5)備蓄品の確認

 非常食の賞味期限や、電池の有効期限など、各自で備えている備蓄品を確認しましょう。

 (例6)応急救護訓練

 突然のけがや急病者への対応をこの機会に確認してみましょう。

 応急手当Web講習(消防庁/外部リンク)

 (例7)火の元の確認

 ガスの元栓やボンベ周り、ブレーカーの点検や清掃を行い、火の元を安全に保ちましょう。

 (例8)NTT災害用伝言ダイヤル「171」の体験

 「171」は災害の発生により被災地への通信が増加し、つながりにくい状況になった場合に提供される”声の伝言板”です。毎月1日と15日は体験利用ができるので、一度は使い方を確認してみましょう。

 災害用伝言ダイヤル(171)について(NTT東日本/外部リンク)

 

 (その他)それぞれで実施できる範囲で、積極的にプラスワン訓練を行いましょう。学校・こども園では「児童の引渡手順の確認」、事業所では「災害時連絡体制の確認」「AEDの操作確認」など、各自で災害時を想定して訓練を計画してみましょう。

 

(訓練終了後)訓練後は 非常食サンプルをお試しください!

 訓練に参加いただいた方は、非常食サンプルをお試しいただけます。役場町民生活課窓口にてお渡ししますので、ぜひご利用ください。 ※ 配布期間…11月7日(月)~12月16日(金)

 ・事前登録のお名前などを申告していただければお渡ししますので、参加証などの提出は不要です。

 ・内容は長期保存パンなどから2点程度として、担当者にお任せいただきます。

 ・なくなり次第終了とさせていただきます。

 

(訓練終了後)アンケートにご協力ください

  今後の羽後町防災訓練をより効果的なものとするための参考とさせていただきますので、参加後はアンケートへのご協力をお願いいたします。

 アンケートページ

 ※ 回答期間…11月7日(月)~12月2日(金)

 

 参加登録 

 

 インターネットでの参加登録

 登録ページ  ※ アクセス後「利用者登録せずに申し込み方はこちら」をクリックしてください。

 上記リンクより必要事項を入力し、登録を行ってください。

 

 郵送・FAXなどによる参加登録(登録票)

 登録票 (PDF) 登録票 (Excle)

 参加予定登録票に記入のうえ、下記の方法で役場町民生活課生活環境班、または各地区公民館までお送りください。

 ○ 郵送(住所はページ最下部をご参照ください)

 ○ FAX(0183-62-2120)

 ○ 電話(0183-62-2111、登録事項について口頭で聞き取りいたします)

 ○ 窓口(役場町民生活課、または各地区公民館にも登録票をご用意しております

 ○ 電子メール( chosei@town.ugo.lg.jp )

 

訓練の留意点

! 訓練中は、各自の実施場所の状況に適した感染症予防を行いましょう。

! 大規模な災害が発生した場合、またはその可能性が高い場合は訓練を中止します。

! 訓練日時に自動車等で移動している際は、安全のため訓練を行わないでください。

! 本訓練は参加者に自主的に訓練を行っていただくものであり、訓練中のけがに対する補償はできませんので、実施にあたってはけがの無いよう十分注意してください。

! 防災行政無線が聞こえにくい場所では、時間に合わせて身を守る行動を自主的にとってください。または、ホームページ・CDで提供する訓練用音源をご利用いただくか、スマートフォンで「Yahoo!防災アプリ」の通知をご利用ください(事前のインストール(登録無料)が必要です。インストールはこちらをクリックしてください )。

! 11月18日は、消防団が災害時警戒の訓練として、消防車両による巡回をシェイクアウトにあわせて実施します。警鐘を鳴らして走行しますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。

 

関連リンク

○ 効果的な防災訓練と防災啓発提唱会議(日本シェイクアウト提唱会議)(外部リンク)

 This disaster drill is officially accredited. 

 (本訓練は、日本シェイクアウト提唱会議の公式認定基準に基づいて実施します。)


 

お問い合わせ

町民生活課  生活環境班 町民生活係
〒012-1131  秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野177
TEL:0183-62-2111  内線:118.119   FAX:0183-62-2120  メールでのお問い合わせ