ようこそ町長室へ

平成30年度予算

 

 平成30年度一般会計の当初予算が議決され、人事異動も内示し、4月1日からの新年度の
準備が整いました。
新年度予算の目玉は長年の懸案であった学校給食センターの改築事業です。既存の給食セン
ターは建築後50年近くを経過しており、最近の学校給食のニーズに応えることが難しくなっ
ていました。事業費は10億円余りで、年間予算が80億円前後の町にとっては大きな投資で
す。来年の2学期からは最新式のセンターで安心・美味しい給食を提供できます。
その他、農業分野では園芸メガ団地事業に3億5千万円余りを予算措置しました。この事業
は秋田県の肝いりの事業で、園芸ハウス団地を整備し、1ヶ所の売り上げ1億円を目指そうと
いう事業です。昨年からネットワーク型という仕組みも導入され、数か所で1億円でも事業が
可能となりました。今回はJAうご管内2ヶ所の事業ですが、さらに、JAこまち管内でもハ
ウス団地が整備される予定です。
  地方創生事業では「しごと改革」として、主に子供たちを対象に「未来の学校」という事業
を展開します。人口減少を直ちに止めることは難しいですが、子どもたちの職業観を醸成しな
がら、地元で活躍できる人財育成を試みます。
「うごく町羽後町」として内外に存在感をアピールできる1年にしたいと思います。
 
                                                        平成30年3月26日
                                                         羽後町長 安藤 豊